アプリデータ解析ツール「Spin App」で生データにアクセスできる「データシェアリングサービス」開始

オプト、Spin App利用者にユーザーの全行動データを分析できるサービスを提供

インターネットマーケティングのオプトは、同社が提供するアプリデータマネジメントツール「Spin App(スピンアップ)」を契約しているユーザーにSpin Appが蓄積したRAWデータ(生データ)に対して自由にアクセスできる権限をご提供するサービス「データシェアリングサービス」を開始する、と9月5日発表した。Spin App契約のユーザーは、自社アプリに来訪したユーザーの全行動データを分析することが可能になる。

Spin Appは、データ蓄積基盤としてGoogle Cloud Platformの「BigQuery(ビッグクエリー)」を採用しており、Spin Appを利用することでBigQueryに自由にアクセスすることが可能になった。管理画面を介した汎用的な分析だけでなく、SQLを用いて自社にとって必要なデータだけを高速に分析し活用することができる。従来のツールでは見出すことが難しかった課題の発見、分析を実現するという。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]