マーベリックのDSP「Sphere」がマイクロアドのSSPと接続開始、広告配信先を強化

接続により、SphereはMicroAd COMPASS経由で広告を配信するメディアへの配信が可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2017/9/6 9:00

広告配信プラットフォーム(DSP)事業のマーベリックは、同社のDSP「Sphere(スフィア)」が、広告配信事業のマイクロアドのSSP(サプライサイドプラットフォーム)「MicroAd COMPASS」と9月から接続を開始する、と9月5日発表した。Sphereは、総合人材・女性・自動車系のデータを活用し、精度と鮮度の高いターゲティングでユーザーに合った適切な情報を提供しアプローチする。今回の接続により、SphereはMicroAd COMPASS経由で広告を配信するメディアへの配信が可能になる。

SphereとMicroAd COMPASSとの接続により、Sphereは、すでに接続している「OpenX」や「Double Click」などのSSPを含めて、広告買い付け枠のバリエーションを拡大することになる。広範囲な広告枠に対してRTB(リアルタイム入札)を行うことによって、これまで以上に最適な広告配信が可能になるという。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]