次世代IoT装置活用のO2Oマーケティングソリューション「Marketing Touch」を開発

ソネット・メディア・ネットワークスとマッシュルーム、人工知能とIoT端末を利用
よろしければこちらもご覧ください

インターネットマーケティングのソネット・メディア・ネットワークスは、認証技術開発のマッシュルームとともに、次世代のIoT(モノのインターネット)装置を活用したO2O(オンラインツーオフライン)マーケティングソリューションの事業展開に向けて共同開発を行う、と6月2日発表した。ソネット・メディア・ネットワークスが独自開発した人工知能「VALIS-Engine」と、マッシュルームが開発・提供する独自のIoT端末「VIA(ヴィア)」を組み合わせたO2Oマーケティングソリューション「Marketing Touch(仮称)」を展開する。各種ウェブプロモーションと連携し、実店舗への来店成果まで正確に計測可能にする。

VIAは、スマートフォンのタッチスクリーンを活用して双方向通信認証を行う。ブラウザに表示された認証画面を店頭で端末にタッチする仕組みで、端末設置での煩雑な作業や店舗側の通信ネットワーク接続が不要になる。Marketing Touchは、VIAを活用することでこれまで難しかったO2Oマーケティングの来店成果計測を低価格で正確に取得できるようにする。さらに膨大なデータを活用し、ソネット・メディア・ネットワークスの広告配信事業に基づくビックデータ処理技術と、VALIS-Engineでの分析・施策の最適化によって、デジタルユーザーを実店舗に送客する。両社の共同事業展開では年内の店舗への導入を目指す。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

オーガニック検索
検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告などの広告表示を除いた、いわ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]