実店舗やイベントで利用できるデジタルチケットプラットフォーム「wallabee」提供開始

ソネット・メディア・ネットワークのプラットフォームとジェイアール東日本企画が連携

ソニーグループで広告配信事業を行うソネット・メディア・ネットワークスは、JR東日本グループで広告事業を手掛けるジェイアール東日本企画が、ソネット・メディア・ネットワークスのマーケティングプラットフォームと連携し、デジタルチケットプラットフォーム「wallabee」の提供を始める、と7月4日発表した。実店舗やイベントで利用できる。

従来の紙製チケットの販売・利用の流れをデジタル化してスマートフォンに集約。チケットサービスを提供する交通機関、商業施設、イベント主催者などの事業者と、チケットを購入する顧客の利便性を高める。O2O(オンラインツーオフライン)=ネット上(オンライン)から実店舗(オフライン)に消費者を誘導する施策=ソリューションとして提供する。

 

チケットの購入・利用はスマートフォンのブラウザででき、専用アプリは不要。デジタルチケットを利用する店舗などでは、電源や通信の必要がない電子スタンプで顧客のスマートフォン画面に表示されたチケットを認証する。チケットの購入はクレジットカード決済に対応する。金沢市で7月19日~9月30日に観光チケットサービスの実証実験を実施する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

robots.txt
ロボット型の検索エンジンが自分のページを登録しないようにするためにサイト管理者が ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]