電通が雑誌記事データを企業のオウンドメディアや電子書店に配信できるサービス開始

「マガポート記事サービス」、電子雑誌業務支援「Magaport」の新サービスとして展開
よろしければこちらもご覧ください

電通は、雑誌記事のデータを企業のオウンドメディア(自社媒体)やニュースサイト、電子書店などに配信できるようにするサービスを4月19日に始めた、と同日発表した。同社が運営する電子雑誌業務支援システム「Magaport(マガポート)の新サービスとして展開し、「マガポート記事サービス」と呼ぶ。紙の雑誌を想定して作られた誌面のPDFデータをテキストや画像単位のマイクロコンテンツに自動変換する。マイクロコンテンツは、レイアウトが固定されて編集加工が難しいPDFデータから汎用(はんよう)性が高い状態に変換したテキストや画像単位の各種データを意味する。

キュレーションメディア(まとめサイト)の虚偽報道が社会問題化したことを背景に、事実確認に基づく雑誌出版社による責任編集記事への信頼や期待が改めて高まっている。しかし、紙媒体用に作成された記事データを企業サイトやニュースサイト、アプリなどで活用するには、編集可能なデータへの変換に労力とコストが発生する課題があった。マガポート記事サービスは、マガポートで電通と協業するオンライン書店運営の富士山マガジンサービスが開発した人工知能(AI)技術を活用し、記事データを各電子媒体で広く扱えるデータに自動変換する。出版社は収益機会が広がる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ILD
リンク元ドメイン名の数、つまり、どれくらい多くのサイト(ドメイン名)からリンクを ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]