米国コムスコアが無料のビューアビリティ計測ツール「comScore Viewability」を提供

今夏の後半に利用可能、ディスプレイ・動画・モバイル広告のビューアビリティ計測を
よろしければこちらもご覧ください

インターネット利用動向分析の米国コムスコアは、無料のビューアビリティ(ユーザーが閲覧できる状態にあった広告表示)計測ツール「comScore Viewability」を提供する、と4月26日発表した。今夏の後半に利用可能になる。ディスプレイ広告、動画広告、モバイル広告のビューアビリティが計測できる。ビューアビリティは広告効果検証の一環で期待される一方、計測にコストがかかることから他の重要なキャンペーン指標が取得できないケースがあったという。

comScore Viewabilityは、新しいユーザーインターフェースで基本的な指標をリポートする無償のセルフサービス製品として全世界で提供する。ビューアビリティをデジタル広告の最低限の指標にすることを目的にする。デジタル広告の信頼と透明性を高め、クロスメディアの比較可能性を向上させる。ビューアビリティが無償で計測できるようになり、他の重要指標の配信地域やブランドの認知度、購入意思、サイトへの訪問、製品売り上げへの影響などに注力できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

EFO
申し込みフォームの入力完遂率を高めるために、フォームを改善する施策のこと。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]