メンバーズが中国メッセンジャーアプリ「微信」で訪日中国人マーケティングを支援

ユーザーの属性や興味に合わせたメッセージを配信、第1弾で東急ハンズが広告出稿
よろしければこちらもご覧ください

ウェブサイト制作・デジタルマーケティング支援のメンバーズは、中国IT大手、テンセントの国際事業部門と代理店契約を結び、同社が展開するインスタントメッセンジャーアプリ「微信(Weixin=ウェイシン)」(国外向けは「WeChat(ウィーチャット)」)で日本企業の訪日中国人向けマーケティングを支援する、と1月16日発表した。第1弾で東急ハンズが微信に広告を出稿する。

微信ユーザーの属性や興味に合わせたメッセージが届けられる。微信アプリの画面上にバナー広告を出稿することで、日本企業が運営する微信公式アカウントへのフォローや企業サイトへの誘導、アプリのダウンロードの促進が可能になる。微信アプリでユーザー同士が情報を共有し合う機能「モーメンツ」上にはネイティブ広告(記事広告)が出せ、動画や画像形式で配信できる。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索エンジン
Yahoo!(ヤフー)やGoogle(グーグル)に代表される、インターネット上の ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]