マーケティング自動化プラットフォーム「MAJIN」にアトリビューション機能追加

ジーニー、各媒体・広告の貢献度を明確に評価して出稿予算や広告制作物を最適化

インターネット広告技術・マーケティング支援のジーニーは、同社のマーケティング自動化プラットフォーム「MAJIN(マジン)」にアトリビューション機能を追加した、と1月13日発表した。アトリビューションは、最終成果(コンバージョン)に直接つながった流入経路・広告だけではなく、成果までのユーザーの接触履歴を解析して貢献度を測定する仕組みを意味する。

ウェブページなどのバナー広告、アフィリエイト(成果報酬型)広告、検索エンジンに表示されるリスティング広告の流れのコンバージョン場合、従来は最後のリスティング広告だけを評価した。アトリビューションではこれら全てを対象に効果を分析して各媒体・広告の貢献度を明確に評価。出稿予算や広告制作物が最適化できる。コンバージョンの重複カウントも排除する。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]