マーケティング自動化プラットフォーム「MAJIN」にアトリビューション機能追加

ジーニー、各媒体・広告の貢献度を明確に評価して出稿予算や広告制作物を最適化

インターネット広告技術・マーケティング支援のジーニーは、同社のマーケティング自動化プラットフォーム「MAJIN(マジン)」にアトリビューション機能を追加した、と1月13日発表した。アトリビューションは、最終成果(コンバージョン)に直接つながった流入経路・広告だけではなく、成果までのユーザーの接触履歴を解析して貢献度を測定する仕組みを意味する。

ウェブページなどのバナー広告、アフィリエイト(成果報酬型)広告、検索エンジンに表示されるリスティング広告の流れのコンバージョン場合、従来は最後のリスティング広告だけを評価した。アトリビューションではこれら全てを対象に効果を分析して各媒体・広告の貢献度を明確に評価。出稿予算や広告制作物が最適化できる。コンバージョンの重複カウントも排除する。

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]