ジーニーがマーケティングオートメーション「MAJIN」提供開始、複雑なスコアリングを業種別に自動化

DMPの蓄積データをもとにした約10の業種別マーケティングシナリオで自動化する

アドテクノロジー事業のジーニーは、マーケティングオートメションツール「MAJIN(マジン)」を7月5日に提供開始した。

MAJINは、同社のスマートフォン向けプッシュ通知サービス「Fello」やSSP「Geniee SSP」の開発技術をもとにして開発。Webブラウザでの行動履歴とあわせて、スマートフォンアプリからの集客から販促データまで、横断した分析ができる。メール配信、プッシュ通知、リスティングおよびディスプレイ広告との連携も可能で、自動入札にも対応する。

ディスプレイ広告の自動入札など集客施策に対応

また、DMPに蓄積したユーザー情報をもとに、マーケティングシナリオの設計やスコアリングを自動化する。サービス開始時点で、約10種類の業種別ルールを導入しており、自社で保有するCRMをもとに手動で設計することもできれば、両者を組み合わせて自動的に設定することもできるという。業種にあわせて、ECサイトの購入回数、アプリの課金額など、必要な項目を柔軟に追加することもできる。

シナリオ設計はDMPに蓄積したデータをもとに自動化することもできる。

MAJINの利用料金は、初期費用10万円、スタンダード版の基本利用料が月額10万円。プッシュ通知や配信数が制限を超えた場合、利用に応じた従量課金になる。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]