富士通とオラクルが戦略的提携で合意、国内データセンターにオラクルのクラウド環境

「Oracle Cloud」を富士通のクラウド「K5」と連携させてシステムのクラウド移行支援
よろしければこちらもご覧ください

富士通と米オラクル、日本オラクルは、新たな戦略的提携をすることで合意した、と7月6日発表した。富士通の国内データセンターにオラクルのPaaS(プラットフォームアズアサービス)「Oracle Cloud Platform」や「Oracle Cloud Applications」の環境を設置して日本企業とその海外拠点に販売する。「Oracle Cloud」を富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」と連携させ、K5とデータセンター内接続を実現し、システムのクラウド移行を支援する。

Oracle CloudとK5によって、企業のシステムとビジネスに求められるクラウド環境を提供する。K5はデジタルビジネスプラットフォーム「MetaArc(メタアーク)」の中核サービスで、SoE(システムオブエンゲージメント)に加え、SoR(システムオブレコード)領域に対応する。SoEはビジネスプロセス改革や新ビジネス創造を可能にし、SoRは企業内のデータを記録・処理する従来型の業務システムを意味する。富士通はMetaArcやK5の強化に向けてオラクルと戦略的提携する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

検索連動型広告
検索エンジンの検索結果ページで、検索キーワードに対応した内容の広告が表示される広 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]