電通などが屋外広告でのターゲティング広告実用化へ実証実験プロジェクトを立ち上げ

通行状況を判別して道路沿いのデジタルサイネージに適切な広告を表示する実験を実施
よろしければこちらもご覧ください

電通は、クラウドストレージのクラウディアン、ソフト開発のスマートインサイト、データセンターソリューションのQuanta Cloud Technology Japanとともに、インテルの協力で屋外広告実証実験プロジェクト(OOHプロジェクト)を立ち上げ、ディープラーニングを活用した実証実験を東京都内で始める、と4月20日発表した。ディープラーニングはシステムがデータの特徴を学習して事象を認識・分類する機械学習手法を指し、音声や撮影画像での応用が期待される。プロジェクトは、屋外広告でのターゲティング広告の実用化を目的にする。

ターゲティング広告が難しいとされる屋外のデジタルサイネージで、AI(人工知能)によるディープラーニングと、IoT(モノのインターネット)が集める膨大な映像、属性情報を高速に保存・分析するソフト技術とハードを組み合わせ、移動するターゲットの属性に合わせた屋外広告を表示する。第1弾として、屋外カメラの映像から通行状況をリアルタイムに判別して道路沿いのデジタルサイネージに適切な広告を表示する実験を行う。今後、ショッピングモールや観光地などで消費者の行動分析に基づくリアルタイム広告の実験も計画する。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

クラウディアン
http://cloudian.jp/

スマートインサイト
http://smartinsight.jp/

Quanta Cloud Technology Japan
http://www.qct.io/index_jp.html

インテル
http://www.intel.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

外部要因
SEOでは、ページ内部(内部要因)で対策を行うだけでなく、他サイトなどの外部の要 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]