電通がマーケティング基盤「STADIA」の機能拡張、交通・屋外広告も統合するツール開発

「STADIA OOHプラス(β版)」、テレビ・インターネット・OOHをつないだ効果検証が可能
よろしければこちらもご覧ください

電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを可能にする同社のマーケティング基盤「STADIA」の機能を拡張し、OOH(Out of Home)広告も統合するツール「STADIA OOHプラス(β版)」を開発した、と4月25日発表した。OOH広告は交通・屋外など家庭以外で接触する広告を意味する。日本で初めてOOH広告に接触した顧客の実行動データの分析を実現。STADIAを活用してテレビ・インターネット・OOHをつないだプランニングと広告効果検証ができるようになった。

これまで、駅のOOH広告によるテレビ広告のリーチ補完効果やテレビ広告とOOH広告の重複接触効果など、具体的なデータに基づくプランニング・効果検証は困難だった。STADIA OOHプラスは、テレビ・インターネット・OOHといった複数の媒体を活用したリーチ、認知、態度変容からサイト来訪、実店舗来店、購買までのKPI(主要業績評価指標)分析ができる。ID単位で大規模なデータ分析可能な機械学習モデルを採り入れ、位置情報データなどで人の動きを高い精度で分析する。

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]