LINEが「LINEビジネスコネクト」でマイクロソフトのAI「りんな」を使ったアカウント提供

自然な対話が特長のAI、会話形式でユーザーごとに推奨商品の紹介や問い合わせ対応が可能

アプリ開発・運営のLINEは、日本マイクロソフトと連携し、LINEの企業向け公式アカウント機能「LINEビジネスコネクト」と日本マイクロソフトの人工知能(AI)「りんな」を使ったAI型のLINE公式アカウントを企業に提供する、と8月7日発表した。企業はりんなの会話エンジンを新たなマーケティングツールに有効活用できる。会話形式でユーザーごとに推奨商品の紹介や必要な情報を提供するほか、問い合わせなどへの対応が可能になる。

りんなは、マイクロソフトの検索エンジンと蓄積データをベースにしたAIで、自然な対話が特長。LINEは「りんなAPI for Business」として提供し、企業のLINE公式アカウントに実装できるようにした。りんながユーザーと的確に受け答えするため、オペレーターのコスト削減も可能になる。LINEは日本マイクロソフトのLINE公式アカウントで「りんな」(@ms_rinna)を公開している。ユーザーは会話が楽しめ、企業は導入検討の参考になる。

LINE
http://linecorp.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

ストップワード
自然言語を処理するにあたって一般的であるなどの理由で処理対象外とする単語。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]