LINEが「LINEビジネスコネクト」でマイクロソフトのAI「りんな」を使ったアカウント提供

自然な対話が特長のAI、会話形式でユーザーごとに推奨商品の紹介や問い合わせ対応が可能

アプリ開発・運営のLINEは、日本マイクロソフトと連携し、LINEの企業向け公式アカウント機能「LINEビジネスコネクト」と日本マイクロソフトの人工知能(AI)「りんな」を使ったAI型のLINE公式アカウントを企業に提供する、と8月7日発表した。企業はりんなの会話エンジンを新たなマーケティングツールに有効活用できる。会話形式でユーザーごとに推奨商品の紹介や必要な情報を提供するほか、問い合わせなどへの対応が可能になる。

りんなは、マイクロソフトの検索エンジンと蓄積データをベースにしたAIで、自然な対話が特長。LINEは「りんなAPI for Business」として提供し、企業のLINE公式アカウントに実装できるようにした。りんながユーザーと的確に受け答えするため、オペレーターのコスト削減も可能になる。LINEは日本マイクロソフトのLINE公式アカウントで「りんな」(@ms_rinna)を公開している。ユーザーは会話が楽しめ、企業は導入検討の参考になる。

LINE
http://linecorp.com/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]