スーパーやコンビニの購買情報と属性に基づく広告配信可能なDSP「レシートあど」開始

ニジボックスとインティメート・マージャー、O2O型サービス「レシポ!」の情報を活用
よろしければこちらもご覧ください

ゲーム開発・デジタルマーケティングのニジボックスと、マーケティングアプリケーション開発のインティメート・マージャーは、ニジボックスが運営するO2O(オンラインツーオフライン)型サービス「レシポ!」のユーザーのレシート情報を活用したDSP(デマンドサイドプラットフォーム)サービス「レシートあど」を7月9日に始めた、と同日発表した。商品・店・金額などスーパーやコンビニの購買情報と属性に基づく広告配信が可能になる。

レシポ!は、掲載商品をスーパーやコンビニなどで購入し、そのレシート画像を送付するとポイントが入手できる仕組み。レシートあどは、レシート情報と、インティメート・マージャーが保有するオンライン上からの約4億件のオーディエンスデータを連携させ、購入意欲の高い主婦層に展開可能な広告配信メニューとなる。レシポ!の主婦層の購買データを通じ、購入店舗や商品カテゴリーなどセグメントを設定しながら最適に広告配信できる。

ニジボックス
http://nijibox.jp/

インティメート・マージャー
http://corp.intimatemerger.com/

レシポ!
https://recipo.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

Google Webmaster Central
自分のサイトをGoogleに登録するための管理ツール。 検索エンジンのクロ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]