電通とNTTデータ、マーケティング分野の新たなソリューション開発・提供で協業

ソーシャルメディアのビッグデータ解析が起点、「Twitter」の全量データを活用
よろしければこちらもご覧ください

電通とNTTデータは、ソーシャルメディアのビッグデータ解析を起点にしたマーケティング分野の新たなソリューション開発・提供で協業することに合意した、と1月23日発表した。マーケティング戦略の立案からマーケティングシステム高度化までのマーケティングソリューションを一括して提供する。協業の推進母体「Social Insight Lab(ソーシャル・インサイト・ラボ)」を立ち上げ、顧客企業の複数部門にまたがる課題に対し、全体最適化の視点から解決にあたる。

電通の事業戦略、商品戦略、マーケティングコミュニケーションに関するプランニングなどの知識と、NTTデータが持つ日本で唯一の「Twitter」全量データの再販機能、ソーシャルメディアビッグデータの解析力、システム構築力を合わせる。Twitterの全量データがマーケティング利用可能データとして価値が高まっていることから、マーケティングとITの領域を統合する。両社の各分野の専門家が一体になり、外部の専門家や企業とも連携して顧客企業の問題解決を図る。

電通
http://www.dentsu.co.jp/

NTTデータ
http://www.nttdata.com/jp/ja/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アクセス権
ファイル、ディレクトリ、Webページ、プログラムなどに対して、読み出し/書き込み ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]