ビデオリサーチ、スマホユーザーのアプリ利用実態調査で、昼休みに利用するアプリは「LINE」など通信系が45.2%

2位以下はゲームは13.1%、ツールは11.3%、ソーシャルメディアは10.1%の順

インターネット利用状況調査のビデオリサーチインタラクティブは、スマートフォンユーザーのアプリ利用データを分析するサービス「Cloudish」の2014年11月度のデータを使用して、平日の昼休みの時間帯(12時台)におけるAndroidスマートフォンのアプリ利用状況についてまとめ、1月13日発表した。平日1日当たりのアプリ利用率を時間帯別でみると、7時台と12時台、17~22時台にアプリ利用が活発になっていることが分かった。昼休みの時間帯である平日12時台のアプリカテゴリ別起動回数シェアをみると、「LINE」など通信カテゴリアプリの起動回数が45.2%だった。「パズル&ドラゴンズ」などゲームカテゴリは13.1%、電源管理などのツールカテゴリが11.3%、「Twitter」「Facebook」などソーシャルメディアカテゴリは10.1%だった。調査は2014年11月度の祝日を除く平日の18日間を対象に、「Cloudish」搭載の対象期間のアプリ利用ログデータの属性が判別できる2万6363サンプルを利用して実施した。

昼休み時間帯(12時台)の全体の利用率は30.8%だった。性年代別では学生が多い女性10代では校内へのスマホ持ち込み禁止や使用制限などの学校ルールがあることから、21.7%と相対的に低い結果となった。勤め人が多い男性30代では41.9%と高い利用率を示している。昼休みのアプリ利用状況が特徴的だった女性10代と男性30代に関して、利用率上位アプリタイトルをみると、ともに「LINE」が最も高く、利用者1人当たりの平均起動回数も他アプリより多くなっていた。女性10代では「LINE camera」「カメラ360」「無音カメラ」などカメラアプリが多くランクインし、「Instagram」や「Twitter」など、写真でコミュニケーションできるソーシャルアプリも上位にランクインしていた。男性30代では、利用率上位20位までにゲームアプリが7タイトル(女性10代は2タイトル)ランクインしていることが特徴といえる。

ビデオリサーチインタラクティブ
http://www.videoi.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CGM
主にインターネット上で消費者が書き込むことで内容が生成されていくメディアのこと。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]