バーチャルコミュニケーションズ、顧客視点のWebアクセス解析ツール「Woopra」を販売

顧客個人単位か顧客セグメント単位で解析、より深いWebのアクセス解析が可能
よろしければこちらもご覧ください

IT・クラウドソリューションとコンサルティングのバーチャルコミュニケーションズは、顧客視点でリアルタイムなWebアクセス解析を可能にするツール「Woopra」の販売を12月に始める、と12月5日発表した。顧客個人単位か顧客セグメント単位で解析し、より深いWebのアクセス解析を可能にする。特定のユーザーがどのページをどのような順番で見ていたかも把握できる。米国サンフランシスコを拠点にするWoopraが開発した。バーチャルコミュニケーションズはWoopraの正規販売代理店として展開する。

Webのアクセス解析ツールは多数あるが、アクセス数やトレンドの集計を目的にするツールが大半で、Webサイトのユーザーやユーザーセグメントに焦点をあてて分析していないため、ECサイトの顧客分析とアクセス解析が結び付いていない問題があった。Woopraは、Webサイトのアクセス傾向を基に訪問者のセグメンテーションが各種の視点ででき、セグメント単位でメールやチャットなどのアクションを指定することが可能。さまざまな機器でアクセスするユーザーも識別し、個人の行動として統合する。

バーチャルコミュニケーションズ
http://www.vccorp.net/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]