ガイアックスとプラップジャパン、ネット危機管理の「ソーシャルリスク対策支援プログラム」を提供開始

ルール策定や従業員教育の徹底が重要なことから、リスクを抱える企業を対象に開発
よろしければこちらもご覧ください

コミュニティサービス企画・開発のガイアックスと広報支援・コンサルティングのプラップジャパンは、共同でインターネット危機管理支援パッケージ「ソーシャルリスク対策支援プログラム」の提供を10月1日に開始する、と9月30日発表した。スマートフォンの普及により、情報漏えいや問題行動による「炎上」が多数生じている。炎上の発端は所属企業の従業員による投稿が半数以上で、ルール策定や従業員教育の徹底が重要となっている。ソーシャルリスク対策支援プログラムは、炎上リスクを抱える企業や対策を検討中の企業を対象に、ガイアックスとプラップジャパンが専門的ノウハウを活かして開発を進めた。

ソーシャルリスク対策支援プログラムは、ソーシャルメディア活用のための各種ガイドラインの策定、ソーシャルリスニングの導入や運用サポート、ソーシャルリスクが発生した状況を想定したシミュレーション型トレーニングなど、ソーシャルリスク対策をトータルに支援する。ガイアックスは同社が培った有人目視チェックによるソーシャルリスニングの運用ノウハウを生かしたサービス提供により、企業のオンライン上でのよりよいコミュニケーションを支援する。プラップジャパンは、企業のオンライン上での円滑なコミュニケーション活動をサポートし、PR市場の活性化や付加価値の高いコミュニケーション手法を創造していく。

ガイアックス
http://www.gaiax.co.jp/

プラップジャパン
http://www.prap.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]