アライドアーキテクツ、子会社が「Facebook」広告制作のクラウドソーシング「ReFUEL4」開発

広告を出稿する企業とクリエイターをマッチング、オンラインで広告制作物の発注・納品が可能
よろしければこちらもご覧ください

ソーシャルメディアマーケティング支援のアライドアーキテクツは、シンガポールの子会社、アライドアジアパシフィックが、「Facebook」の広告制作に特化したクラウドソーシングサービス「ReFUEL4(リフュールフォー)」を開発し、7月30日に世界各国に向けてサービスを始めた、と同日発表した。Facebook広告を出稿したい企業と、Facebook広告の制作を請け負いたいクリエイターをマッチングし、オンライン上でバナー画像や動画などの広告制作物の発注・納品を可能にする。

企業がReFUEL4のサイトでFacebook広告の予算やサイズ、広告プラン、希望する色合いなどを入力してオファーを出すと、世界中のクリエイターが条件に沿った広告バナーや動画を制作して納品する仕組み。広告がクリックされた割合に応じた従量課金制の料金体系となる。企業は管理画面上でどの広告がどのような効果を生み出しているか検証でき、広告制作物の最適化に必要になる時間やコストを軽減する。クリエイターは世界中の企業から制作を請け負うことが可能になる。

アライドアーキテクツ
http://www.aainc.co.jp/

ReFUEL4
http://refuel4.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

RSSAC
ICANN(Internet Corporation for Assigned ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]