ユナイテッド、DSP「Bypass」がサイズミックのキャンペーン管理「SizmekMDX」と接続

Bypassの配信機能とSizmek MDXを使った第三者配信の連携でHTML5のバナー配信が可能
よろしければこちらもご覧ください

メディア・広告事業のユナイテッドは、同社のDSP(デマンドサイドプラットフォーム)「Bypass(バイパス)」が、デジタル広告ソリューションの米サイズミックの日本法人、サイズミック・テクノロジーズのデジタルキャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek(サイズミック)MDX」との接続を完了した、と5月19日発表した。Bypassの配信機能とSizmek MDXを使った第三者配信が連携することで、HTML5のバナー配信が可能になる。

HTML5バナーは、ウェブページ記述言語のHTML第5版で制作される動画などを活用した広告バナーを指し、パソコンに加えて「Flash」に対応していないスマートフォン、タブレットでも再生できる。スマートフォン向けのリッチメディア広告展開が容易になるうえ、1つのHTML5バナーのパソコンとスマートフォンへの配信によって、制作時間の短縮と効果測定の効率化につなげられる。Bypassは、2000社以上が利用しているという。

ユナイテッド
http://united.jp/

サイズミック・テクノロジーズ
http://www.sizmek.com/regional/sizmek/japan/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

CTR
広告がクリックされた頻度を表す。 たとえば、広告が1000回表示され、その ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]