マイクロアド、デジタルサイネージを活用した地域活性化の広告ソリューションサービス開発

バス車内と停留所にデジタルサイネージパネル設置、地域の商店と地元に密着したバスを連携

インターネット広告配信のマイクロアドは、デジタルサイネージ技術を活用した地域活性化のための広告ソリューションサービスを開発した、と1月23日発表した。バスの車内と停留所にデジタルサイネージパネル設置し、地域の商店と地元に密着したバスを連携させる。これまでデジタルサイネージの普及が進んでいなかった小規模の地域に適した広告配信システムとなる。茨城県つくば市で1月22日に試験的な取り組みを始めた。結果を踏まえて今後のサービス展開を検討する。

バス車内に全24面のデジタルサイネージパネルを搭載し、ネットワークを経由して広告を配信。独自開発のシステムで時間や場所に応じて広告を切り替え、走行時刻や停留所に合わせて周辺の飲食店や不動産物件の情報を流すことで、ターゲットに合った広告を可能にした。バス停では、端末を使って誰でも広告配信と効果測定でき、広告主の商店は入荷商品や割引情報などがリアルタイムに配信可能になる。消費者はQRコードやSMSを介してスマートフォンに情報が保存できる。

マイクロアド
http://www.microad.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]