東芝テックとDNP、電子レシート「スマートレシート」と家計簿アプリ「レシーピ!」連携

買い物履歴を容易に反映して家計簿を付ける手間を軽減、実証実験して2014年度内に事業化
よろしければこちらもご覧ください

東芝グループでソリューション事業の東芝テックと大日本印刷(DNP)は、東芝テックの電子レシートシステム「スマートレシート」と、DNPの家計簿アプリ「レシーピ!」のデータを連携させる機能を開発した、と1月21日発表した。スマートレシートはレシートの明細を瞬時にデータ化して管理でき、データ連携によって買い物履歴を容易にレシーピ!に反映できる。2014年度に流通向けのサービスとして事業化を予定している。仙台市の生活協同組合の21店舗で1月22日から実証実験する。

スマートレシートは、通常は紙の商品明細レシートを電子化してセンターにデータを記録し、買い物客はスマートフォンで履歴が確認できる仕組み。レシーピ!はスマートフォンでレシートを撮影するだけで家計簿がつけられるアプリで、連携することで取り込んだデータを基に、購入日、店舗、品名、価格、合計額などが分類・整理され、家計簿を付ける手間を軽減する。店舗は買い物客の利便性向上と、紙レシート発行のコスト低減が可能になる。実証実験で有用性を確認して事業化する。

東芝テック
http://www.toshibatec.co.jp/

大日本印刷
http://www.dnp.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クローキング
アクセスしている人によって表示されるHTMLの内容を変えること。多くの場合、IP ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]