CRITEO、モバイルアプリ内のディスプレイ広告ソリューションβ版の提供を開始

商品の閲覧行動に基づいて別のアプリを閲覧している時に広告バナーとして表示
よろしければこちらもご覧ください

ディスプレイ広告配信のCRITEO(クリテオ)=本社・フランス=は、モバイル(スマートフォン、タブレット)アプリ内のディスプレイ広告ソリューションβ版の提供を1月23日始めた、と同日発表した。モバイルアプリやマーケティングの担当者は、このソリューションによってユーザとの関係やコンバージョン(最終成果)を高められるという。

広告主アプリ内でのユーザの商品閲覧行動に基づいてその商品データを広告コンテンツに反映して、別のアプリを閲覧している時に広告バナーとして表示する仕組み。独自の予測・レコメンデーションエンジンをモバイルアプリの環境に拡張し、ユーザーそれぞれの興味や関心と関連性が高いパーソナライズした広告バナーの掲載を可能にした。
CRITEO
http://www.criteo.com/jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]