オムニバス、広告接触者にアンケート調査ができるサービス「WEB広告効果測定」開始

自社の広告ネットワークとインターネットリサーチのマクロミルの調査サービスを連携
よろしければこちらもご覧ください

インターネット広告配信・コンサルティングのオムニバスは、広告接触者にアンケート調査が実施できるサービス「WEB広告効果測定」を始める、と11月8日発表した。自社が持つ広告ネットワークと、インターネットリサーチのマクロミルの調査サービスを連携させる。広告接触者をマクロミルのモニターから抽出し、さまざまな広告接触者へのアンケート調査が可能になり、広告認知、購入意欲、ブランドイメージなどが多角的に検証できる。

アンケート調査は商品・サービスの認知、イメージ、利用・購入意向、利用・購入経験などとなり、広告については認知、制作物の評価、他媒体での認知、閲覧後の行動が調べられる。性別、年齢、職業、居住地域、未・既婚、子供の有無といった属性データが取得可能で、ターゲットとするユーザーに広告が届いているかなどがデモグラフィック分析できる。料金はアンケート調査が26万円から、デモグラフィック分析は12万5000円からとなる。

オムニバス
http://e-omnibus.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディープリンク
WWW上でのリンクの張り方の1つ。サイトのトップページへのリンクではなく、個別コ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]