さくらインターネット、「さくらのクラウド」で1時間あたり9円からの時間課金を導入

料金を最大約90%抑制、従来の日割金額が24時間の上限料金で完全従量制と比べ低料金

インターネットデータセンター事業のさくらインターネットは、CPUとメモリを組み合わせて利用できる同社のクラウドサービス「さくらのクラウド」で、1時間あたり9円からの時間課金を10月1日に導入する、と9月27日発表した。これまでは20日未満の利用の場合は日割料金となり、20日の時点で月額料金を適用していた。今回「さまざまな構成を試したい」「もっと手軽に使いたい」といった要望に応え、1時間9円からの時間割料金を始める。

従来は1時間の利用でも日割料金がかかっていたが、1時間単位の課金だと料金を最大で約90%抑えられる。時間課金の導入後も従来の日割金額が24時間内の上限料金で、一般的な完全従量制と比べると大幅な低料金となる。10時間未満のケースに時間割料金が適用され、短時間利用の場合はより安くなり、長時間でもこれまでと変わらない仕組み。また、さくらのクラウドでは、現在提供中の設備と完全に分離した第2ゾーンの提供も10月8日に開始する。

さくらインターネット
http://www.sakura.ad.jp/

さくらのクラウド
http://cloud.sakura.ad.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]