NTTソフト、コンタクトセンター運営ソリューションの大型ディスプレイとタブレット対応版販売

「CTBASE/SignalPro」、大型ディスプレイで情報共有したりタブレットで場所を選ばずに確認可能

NTTグループでソリューションサービスのNTTソフトウェアは、顧客対応業務を行うコンタクトセンターの運営を「見える化」する同社のソリューション「CTBASE/SignalPro」の大型ディスプレイ、タブレット対応版の販売を9月12日に始めた、と同日発表した。待ち呼数、待ち時間、応答率などをリアルタイムに大型ディスプレイに表示して管理したり、タブレットで時間や場所を選ぶことなく運営状況が確認できるようになる。

運営の質を管理するため、運営状況を大型ディスプレイやタブレットに表示するニーズが高まっていることに対応した。大型ディスプレイへの表示でセンター全体で情報共有が可能になり、運営管理者はセンターの現場を離れてもタブレットで運営状況が分かり、急なコール増、応答率の低下などで対策が必要な場合でも、すぐに状況を確認して適切な指示が出せる。大型ディスプレイ表示モデルは、機器を除いて98万円から。

NTTソフトウェア
http://www.ntts.co.jp/

CTBASE/SignalPro
http://www.ntts.co.jp/products/ctbase/signalpro.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

スニペット
検索エンジンにキーワードを入力して表示される検索結果ページで、検索結果の各項目に ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]