AMoAd、スマートフォン・タブレットのリターゲティング広告でウェブとアプリ横断プロモを開始

ウェブ訪問履歴を基にアプリインストールやウェブでの購買などニーズに合わせて最適な広告を表示

インターネット広告のサイバーエージェント子会社でスマートフォン広告プラットフォーム運営のAMoAdは、スマートフォン、タブレット端末向けのリターゲティング広告で、ウェブとアプリを横断したリターゲティングプロモーションを始めた、と7月24日発表した。ユーザーのウェブへの訪問履歴を基に、アプリインストール、ウェブでの購買や申し込みなどニーズに合わせた成果を設定し、ウェブとアプリを横断して最適な広告を表示する。

これまではスマートフォン、タブレット端末向けリターゲティング広告でアプリとウェブを横断したユーザーのターゲティングは技術的に困難だったが、独自のマッチングエンジンで実現した。「iOS」と「Android」でアプリとウェブ横断のリターゲティング広告プロモーションが可能で、8月下旬の配信開始を予定している。リターゲティング広告は、購買・申し込み前に離脱したユーザーに適切な情報を提供することで再来訪を促す手法を指す。

AMoAd
http://www.amoad.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

アンカーテキスト
HTMLでページからページへジャンプする「リンク」に使われるテキスト(文字列 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]