博報堂DYホールディングス、O2Oに課題を持つ企業を支援する「O2Oソリューションスタジオ」を設置

O2Oマーケティングに対する取り組み強化として企業や生活者ニーズに応えるため設置
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYホールディングスは、グループ内の情報や人材を集約し、O2Oに課題を持つ企業に向けたマーケティング支援を強化する組織「O2Oソリューションスタジオ」を設置した、と3月6日発表した。スマートフォンの普及により、企業は広告活動や販促活動において、店頭でスマートフォンに向け電子クーポンを配信したり、TV放送と連動した動画やゲームコンテンツを配信するなど、オンラインとオフラインを融合した新しいマーケティング(O2O)に対する取り組みを強化している。O2Oソリューションスタジオは、企業や生活者のニーズに応えるために設置した。

O2Oソリューションスタジオは、「博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター」と「博報堂DYグループ・ソーシャルメディア・マーケティングセンター」からの選抜メンバーを中心に、O2Oに関する知見や業務経験のある人材16人で構成する。独自の生活者意識調査や海外の先端事例研究を行いつつ、企業に向けてグループ共通の新サービス開発を行う。グループ参加の事業会社と連携し、O2Oに着目した広告、販促活動の支援なども行っていく。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

O2Oソリューションスタジオ
http://o2o-solution.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

クラシファイド広告
「三行広告」と呼ばれる類のもので、「売ります」「買います」「募集」などの広告を、 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]