NEC、スマホやタブレットと連携し店舗への来店と購買を支援する「NEC O2Oクラウドサービス」を発売

O2Oマーケティングの注目拡大を受け、通信事業者やサービスプロバイダに向けて開始
よろしければこちらもご覧ください

NECは、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスと連携して、ユーザーの店舗への来店、購買行動を支援する「NEC O2Oクラウドサービス」を3月5日発売する、と同日発表した。インターネットで商品の情報や価格を調べてから店舗で購入する消費行動の普及に伴い、ユーザーのネット上での行動を分析して実店舗の購買につなげる「O2O(Online to Offline)」マーケティングに注目が集まっていることから、通信事業者やサービスプロバイダなどに向けて新サービスを発売することにした。

NEC O2Oクラウドサービスは、NECの通信事業者向けサービス基盤をベースにスマートデバイスを利用する「Smart Mobile Cloud」を活用。ユーザー認証や会員情報を管理する「会員管理サービス」、ボイント付与と管理を行う「ポイント管理サービス」、ユーザーに店舗情報などをプッシュ配信する「PUSHサービス」、来店・購買・ポイント履歴などを分析しマーケティングに活用する「データ分析サービス」などを体系化し、トータルソリューションとしてクラウドで提供する。

NEC
http://jpn.nec.com/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ソーシャルマーケティング
企業が自社の利益中心にマーケティング活動を行うのではなく、社会全体とのかかわりを ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]