Adobe Marketing Cloudのインターフェイス刷新、タッチ対応でダッシュボードはPinterest風の“カード型”フィードに

タッチ対応・共通ログインのほか、ダッシュボードが新しくなりワークフローとアクションを効率化
よろしければこちらもご覧ください

アドビ システムズは、同社の提供するマーケティング向けクラウドサービス「Adobe Marketing Cloud」のユーザーインターフェイスを刷新したことを、ユタ州ソルトレイクシティで開催しているイベント「Adobe Digital Marketing Summit 2013」で発表した。

「Adobe Marketing Cloud」自体のインターフェイスがタッチ対応になり、ログインし直さなくても各ツールの機能を利用できるようになっているほか、ダッシュボードが大幅に強化され、「カード」と呼ばれる新しい表示になっている。

このカードやフィードは「Adobe Marketing Cloud」と「Adobe Creative Cloud」のそれぞれのサービスでのデータやコンテンツをPinterest風に表示するもの。

ユーザーそれぞれの役職に応じて必要な情報を確認できるフィード形式のダッシュボードとなっており、たとえば次のような使い方ができる。

  • 広告担当者のダッシュボード ―― デザイナーが作った広告素材の画像やキャンペーン成果のデータをフィード表示
  • Web担当者のダッシュボード ―― サイト用の画像やサイトのアクセス解析データをフィード表示
  • マネージメント層のダッシュボード ―― コンバージョンや売上関連のデータや、ソーシャルメディア上の自社関連のデータや顧客の声をフィード表示

各カードは「ピン」したりコメントを付けたり注釈を付けたりすることも可能。

新しいダッシュボードの動画(説明は英語)も公開されている。

・アドビ システムズ、Adobe Marketing Cloudの新しいタッチ インターフェイスを発表(プレスリリース)
http://www.adobe.com/jp/aboutadobe/pressroom/pressreleases/20130306_Adobe_Marketing_Cloud_Summit_Release.html

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

キーワード密度
1つのWebページ中で同じキーワードがどれくらいの割合で出現しているかを示すもの ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]