ミックスネットワーク、CMS製品「SITE PUBLIS 3」の最新バージョンを提供開始

大規模Webサイトのパフォーマンスを向上、編集管理機能を強化して効率よい運用を実現

Webサイト構築・活用支援のミックスネットワークは、同社のCMS(コンテンツ管理システム)SITE PUBLIS 3(サイト・パブリス3)」シリーズの最新バージョン「SITE PUBLIS 3.6」の提供を12月13日に開始する、と12月12日発表した。最新バージョンは、大規模Webサイトのパフォーマンスを向上する機能、編集管理機能を強化して、効率のよいWebサイト運用を実現するという。

SITE PUBLIS 3.6は、大規模サイト向けのWebサイトパフォーマンスを向上する機能として、データベースの負荷分散を実現する「データベースクラスタ対応」や効率よくキャッシュを更新する「セクショナルリセット」などを搭載。効率的なWebサイト運用機能としては、変更前の状態に戻すことができる「編集ページ一時保存機能」、ファイルをまとめて登録する「ライブラリファイル一括登録機能」、ファイルの整理が簡単にできる「ライブラリファイル移動機能」などを搭載した。

ミックスネットワーク
http://www.micsnet.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

統合型マーケティングコミュニケーション
製品全体や企業全体で統一したブランディングを行うことを統合型マーケティング(In ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]