ミックスネットワーク、Webページの静的配信に対応したCMS「SITE PUBLIS 4 Static Deploy Edition」を提供

「Webサーバの運用ポリシーにより、静的ファイルの配置が必要」などのユーザーを想定

Webサイト構築・活用支援のミックスネットワークは、Webページに動的配信を行う「SITE PUBLIS 4」に、静的ファイルをWebサーバに配信する機能を追加した「SITE PUBLIS 4 Static Deploy Edition」の提供を12月19日開始する、と12月13日発表した。SITE PUBLIS 4の基本的な機能、直感的なユーザーインターフェースを引き継ぎ、「Webサーバーの運用ポリシーにより、静的ファイルを配置することが必要」「Webサーバーにかかる負荷を最小限にしたい」「静的ファイルを置くシンプルな構成により、外部からの攻撃に対して堅牢にしたい」といったユーザーの利用を想定している。

SITE PUBLIS 4 Static Deploy Editionのライセンス体系はSITE PUBLIS 4と同様で、新たにSITE PUBLISシリーズを導入する場合、「SITE PUBLIS 4」と「SITE PUBLIS 4 Static Deploy Edition」のいずれかを選択できる。従来、SITE PUBLIS 4の導入を検討したものの、静的配信の用件に当てはまらず、導入を断念したユーザーが多かった。今後は静的配信を行うSITE PUBLIS 4 Static Deploy Editionを提供することで、多くのユーザーのWebサイト構築・運営プラットフォームとなるべく販売展開するという。

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UGC
同義語 の「CGM」を参照 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]