日本ブランド戦略研究所の企業情報サイト評価調査、トップはサントリーが返り咲き

6コンテンツを対象にユーザーが評価し、昨年1位のトヨタ自動車は2位、3位は味の素
よろしければこちらもご覧ください

ブランドやWeb戦略に関するコンサルティングの日本ブランド戦略研究所は、有力企業252社の企業情報サイトに関して毎年実施しているユーザー評価の結果を11月29日発表した。総合1位は2010年まで3年連続1位だったサントリーが返り咲き、各コンテンツで高い評価を得た。2位は昨年1位のトヨタ自動車、3位は味の素だった。

企業情報サイトのうち、会社案内、ニュースリリース、技術・品質・安全・安心情報、CSR・環境への取組み、IR情報、理念・ビジョンの6コンテンツを対象に、ユーザーが5段階で評価。調査は10月にインターネットアンケートで実施し、有効回答数は1万2600だった。

4位以下は次の通り。
(4)ホンダ(本田技研工業)(5)キューピー(6)カゴメ(7)TOTO(8)キリンビール(9)ブリヂストン(10)サッポロビール(11)モスフードサービス(12)アサヒビール(13)キッコーマン(14)ANA(全日本空輸)(15)資生堂(15)富士フイルム(17)ハウス食品(18)旭化成(19)パナソニック(20)日産自動車

日本ブランド戦略研究所
http://japanbrand.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ジオターゲティング
IPアドレスなどから閲覧者の居住地を解析し、それを利用する技術。 居住地を ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]