博報堂DYグループのBuynd(バインド)、ECサイトをまたいだサンプリングサービス「BUYNDER」を提供開始

複数のECサイトにまたがる同梱ネットワークを構築し、ターゲティング精度を向上
よろしければこちらもご覧ください

博報堂DYホールディングスのグループ会社、Buynd(バインド)は、複数のECサイトをまたいだターゲットサンプリングサービスの「BUYNDER(バインダー)」を開発し、広告主やEC事業者向けに提供を開始した、と11月29日発表した。ECで購入した商品にサンプル品を同梱して配布する従来のサンプリング手法は、規模が小さいECサイトの場合、サンプリング先を適切にターゲティングすることが難しかった。BUYNDERは、複数のECサイトにまたがる同梱ネットワークを構築し、これらをまとめて活用することでターゲティングの精度を高める。

BUYNDERでサンプル品を配布した後は、データトラッキングにより、売上への影響を調査し、これまで分かりにくかったサンプリング効果を可視化することができる。10月に行った実証実験では、ネットスーパーやドラッグストアなど複数のECをまたいだターゲティングを行い、当該商品の売上げが17%上昇し、カテゴリ内のシェアが7.6%から11.5%に拡大した。EC事業者はBUYNDERのネットワークに参加することで、小売業以外の新たな収益が確保できるほか、サンプリング後の本商品購入による売上拡大や、顧客のロイヤリティ向上が期待できるという。

Buynd
http://www.buynd.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ポストインプレッション
広告の効果に関する用語の1つ。広告を見たことでそのあとのユーザーの行動が変わる効 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]