ロックオン、広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」のオプションサービスをバージョンアップ

バージョンアップにより従来ランディングページ最適化が難しかったサイトにも適用可能に
よろしければこちらもご覧ください

インターネット関連ソフトのロックオンは、同社が提供する広告効果測定システム「AD EBiS(アドエビス)」のオプションサービス「LPOエビス」をバージョンアップした、と2月20日発表した。LPOエビスはランディングページ(インターネット広告から最初にリンクするページ)を最適化するシステムで、バージョンアップによって従来LPO(ランディングページ最適化)が難しかったサイトにも適用できるという。

LPOエビスは、従来の費用対効果をみる指標であるCV/CPAに加えて直帰率/滞在時間などのサイト内指標を追加。このため、ブランディングサイトやコンバージョン数の少ないBtoBサイトでもランディングページを適切に評価することが可能になった。また、バージョンアップで広告の登録数が150万件に拡大したため、上限を気にせず利用することができる。

ロックオン
http://www.lockon.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]