NECビッグローブ、放送事業者向けに「ツイッターリアルタイム分析サービス」を提供開始

指定した番組に関するツイート件数や評判をWeb上で確認、ツイートの原文も確認できる
よろしければこちらもご覧ください

インターネットサービスのNECビッグローブは、放送事業者向けに「ツイッターリアルタイム分析サービス」の提供を12月15日開始する、と同日発表した。同社が運営するインターネットサービスプロバイダのBIGLOBEが提供しているソーシャルメディア分析サービス「感°Report(かんどれぽーと)」を放送局向けにカスタマイズした。指定した番組に関するツイート件数や評判をWeb上で確認できるほか、ツイートの原文を確認することもできる。

ツイッターリアルタイム分析サービスは、ツイート件数、ユニークユーザー数、評判(ポジティブ/ネガティブ)の推移、急増したトピックワードやハッシュタグなどを5分間隔でモニタリングできる。集計結果だけでなく、ツイートの原文の確認も可能。集計データと組み合わせることで、ツイートが盛り上がった時間帯とポイントなどが把握できる。また、テレビ番組ならではの表記揺れや略語についてのチューニングを事前に行うことで、高精度な分析が可能になるという。

NECビッグローブ
http://www.biglobe.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ワイヤーサービス
プレスリリースを、メディアに配信し、さらにサービス事業者のWebサイトや提携メデ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]