KDDIウェブコミュ、クラウドブランド「CloudCore」で新サービス「CloudCore Hybrid」提供開始

ユーザーに合わせて専用サーバー、クラウドサーバーなどの組み合わせやリソースの増減が可能
よろしければこちらもご覧ください

ホスティングサービス事業のKDDIウェブコミュニケーションズは、同社の中小企業向けクラウドブランド「CloudCore」において、新サービス「CloudCore Hybrid」の提供を12月15日に開始する、と同日発表した。専用サーバーとクラウドサーバーの2つのプランを設け、ユーザーの要件に応じて専用サーバー、クラウドサーバー、各種ネットワーク機器を組み合わせたり、リソースの増減ができる。

CloudCore Hybridは、クラウドサーバーを利用する場合もサーバーの構築と運用を同社が行うフルマネージドサービスが利用可能。ソフトウエアのインストール、設定、サーバー監視、障害時の対処などに対応する。費用は専用サーバーの場合、下位プランの「Startup」で初期費用3万1500円、月額7350円。クラウドサーバーは初期費用無料、下位プランの「small」で月額6930円となっている。

KDDIウェブコミュニケーションズ
http://www.kddi-webcommunications.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

レジストリ
ドメイン名データベースの管理を担当する組織。 レジストリは、担当するトップ ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]