ネットエイジアなど、「ブロガー・SNS利用者の『対人距離感』」調査で実名公開が多いのはFacebook

Facebookユーザーは、実名だけでなく本人が特定できる写真などの個人情報も公開の傾向
よろしければこちらもご覧ください

モバイルリサーチ事業のネットエイジアと生活関連テーマ研究の第一生命経済研究所は、携帯電話ユーザーの男女を対象に「ブロガー・SNS利用者の『対人距離感』」に関する調査を実施。11月14日、調査結果を発表した。調査対象者のうちブログ利用者は56%、「Twitter」は35.9%、「mixi」は58%、「Facebook」は12.4%だった(複数回答)。通信機器ではスマートフォンを除く携帯電話(フィーチャーフォン)の利用率が98%を超えていた。自分にかかわるどのような情報をネット上に掲載しているかについての質問では、「実名(本名)」公開が最も多いのはFacebookで、利用者の64.3%が公開していた。本人が特定できる自分の写真の公開についてもFacebook利用者は46%と割合が高かった。調査は9月20~27日に、全国の15~44歳の男女で「ブログ、Twitter、mixi、Facebookのいずれかを使っている」と回答した携帯電話ユーザーを対象に携帯電話によるインターネットリサーチによって実施。有効回答数は1020だった。

個人情報の公開度合いの高いFacebookは、感情の表出についてはそのほかのソーシャルメディアに比べて低いということも分かった。「自分がうれしかったこと」についてはブログ、Twitter、mixiユーザーの60%以上が公開するのに対し、Facebookユーザーは48.4%にとどまっている。「自分がじまんしたいこと」についてもFacebookユーザーが32.5%が公開するとしているのに対し、その他のソーシャルメディアユーザーの公開度合いは50%以上となっている。このほか「自分が怒ったこと」「自分が悲しかったこと」「自分が感じたさびしさや孤独感」「自分の弱みやなやみ」などについてもFacebookユーザーの公開度合いの低さが目立った。

ネットエイジア
http://www.netasia.co.jp/

第一生命経済研究所
http://group.dai-ichi-life.co.jp/cgi-bin/dlri/d_top.cgi

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

コンバージョン
サイトを訪問した人が、商品を購入したり、資料請求したりすること。 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]