Facebookページも管理できるクラウドCMS「HeartCore_SaaS V8」サービス提供開始

最新版バージョン8にクラウド版でも対応した形となる
よろしければこちらもご覧ください

鈴与シンワートは、同社の提供するクラウドCMS「HeartCore_SaaS(ハートコア・サース)」のバージョンアップ版「HeartCore_SaaS V8」の提供を11月15日から開始した。

HeartCore_SaaSは、株式会社ジゾンが開発・提供するCMS(コンテンツ管理システム)「HeartCore(ハートコア)」をクラウド上で提供するもので、ジゾンが9月30日にリリースしたHeartCoreの最新版バージョン8にクラウド版でも対応した形となる。

HeartCore_SaaS V8の大きな特徴としては、Facebookページを管理する機能をCMSに統合していること。既存の自社サイトを管理するシステムやインターフェイスを使い、Facebookページも管理できるようになる。また、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアとの連携機能も搭載されている。

その他のバージョンアップ内容としては、HTML5対応としてCMSの組み込み構文チェック機能でHTML5の文法チェックができるようになったこと、将来の日時を指定してのプレビュー機能、デジタルサイネージのコンテンツ管理機能などが挙げられる。

HeartCore_SaaS V8の利用料は、初期費用85万円~、月額10万8000円~(CMSの利用料とクラウドインフラや運用監視サービスの料金を含む)。

・HeartCore_SaaS V8
http://www.shinwart.co.jp/hc/saas/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ユーザーエージェント
ブラウザがWebサーバーにデータを取りに行く際にサーバーに対して自動的に通知して ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]