アイレップとブレインパッド、デジタルマーケティングプラットフォーム「Marketia」に新機能搭載

曜日別でのルールベース入札や入札日指定機能により、入札タイミングのコントロールが可能に
岩佐 義人(Web担 編集部) 2011/10/4 0:03

検索エンジンマーケティングのアイレップは、データマイニングと最適化技術のブレインパッドと共同で、デジタルマーケティングプラットフォームの「Marketia(マーケティア)」の新機能として自動入札機能を搭載した、と10月3日発表した。曜日別でのルールベース入札や入札日指定機能などにより、入札タイミングのコントロールを可能にした。ブレインパッドのデータマイニング、最適化技術によって、広告主はユーザーの行動に合わせた広告展開を実現することができるという。

Marketiaはこのほか、さまざまな分析軸をクロス集計したレポートを可視化した高度なレポーティング、過去の実績に基づいた予測シミュレーション、アカウントやキャンペーン単位で指定した日時にステータスのオンオフをスケジュール管理する機能、日々の変動を素早くキャッチする見やすいダッシュボード機能などの運用支援機能を持つ。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

ブレインパッド
http://www.brainpad.co.jp/

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

UCD
ソフトウェア/ハードウェアの制作において、エンドユーザーにとっての利便性を第一に ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]