Web関連13社、自治体行政サービス情報の標準メニューを公開する「OpenUMプロジェクト」サイト開設

標準メニューに関する情報はクリエイティブ・コモンズ・ライセンスなどで無償公開
よろしければこちらもご覧ください

Web関連会社など13社は、市区町村などの自治体による子育てや介護など、行政サービスのメニュー情報を簡単に検索、活用可能な標準化、オープン化の仕組み(ユニバーサルメニュー)を共同で開発する「OpenUMプロジェクト」を組織し、同プロジェクトのWebサイトを10月3日開設した、と同日発表した。開発したユニバーサルメニューに関する情報は合理的な著作権利用の拡大を図る団体「クリエイティブ・コモンズ」の定める「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス(CCライセンス)」などで無償公開する。

OpenUMプロジェクトのWebサイトは、ユニバーサルメニューにかかわる資料を公開し、CCライセンスの条件の下で自由に利用できるようにしている。行政サービスに関するWebサイトのコンテンツをテンプレートとして無償ダウンロードが可能。また、OpenUMプロジェクトメンバーが調査した自治体サイトに関する調査結果や海外の事例、最新のネット業界動向などを随時公開していく。

OpenUMプロジェクト
http://www.asukoe.org/openum/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

インバウンドリンク
外部のサイトなどから自分のサイト内のページへのリンクのこと。“被リンク”とも呼ば ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]