博報堂DYホールディングス、マーケティング支援ツール「Vision-Graphics」を開発

データを集約して関係性を可視化、情報接触からコンバージョンまでの行動を構造化

広告大手の博報堂DYホールディングスは、得意先企業のマーケティング活動のPDCA(計画・実行・評価・改善)を支援するツール「Vision-Graphics(ヴィジョン・グラフィックス)」を開発し、11月からテスト導入を実施する、と10月25日発表した。さまざまなマーケティング関連データを集約し、データの関係性を可視化することで情報接触から購買・コンバージョンまでの行動を構造化する。

広告やウェブ上での評判・検索行動データ、サイトへのアクセス行動に関連するデータを集め、得意先企業のデータを加えてカスタマイズ。データを横断的に解析し、ウェブだけでなくマスコミ広告の効果や、購買・コンバージョンへの影響を統合的に把握する分析メニューを提供する。テストの後、2011年の早い段階に、傘下の博報堂、大広、読売広告社をはじめ広告事業会社で取り扱いを始める。

博報堂DYホールディングス
http://www.hakuhodody-holdings.co.jp/

これは広告です
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]