アイレップ、ユーザーの興味や行動履歴に基づくサービス「BT LPO」を開始

各ユーザーにパーソナライズした最適なランディングページを表示
よろしければこちらもご覧ください

検索エンジンマーケティング(SEM)のアイレップは、ユーザーの興味や行動履歴に基づき、それぞれのユーザーにパーソナライズした最適なランディングページを表示するサービス「BT LPO」を2月2日開始した、と同日発表した。サイト訪問時に使用したキーワードや新規訪問・複数訪問、会員・未会員、サイト内閲覧ページなどの情報を参照して訪問者を判定。ユーザーの関心に合わせて動的ページを掲載したり、商品のレコメンド、リピーター向けのキャンペーン情報などの表示が可能になる。

LPOはランディングページ最適化で、ユーザーが最初に閲覧するページを改善し、商品購入や資料請求などの成果に結び付けるサイト改善施策。BTは、Behavioral Targetingの略。ページの閲覧履歴や検索したキーワードなどのユーザー行動履歴から興味・関心をとらえること。BT LPOは、同社のLPOロジックと行動ターゲティングツールを融合したサービス。料金は個別見積。

アイレップ
http://www.irep.co.jp/

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

ディレクトリ
Webの世界ではテーマごとに整理されたリンク集のこと。 本来は「電話帳」や ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]