初代編集長ブログ―安田英久

グーグルのWebサイト不具合報告の仕組みがスゴすぎて驚いた

グーグルのサイトで画像のリンク切れがあったので報告しようとしたところ、そのスムーズさ、わかりやすさに驚きました
Web担のなかの人

今日は、Webサイトのコンテンツに関して問題があったときに、訪問者にフィードバックしてもらうための仕組みについて。グーグルのサイトが、スゴく良くできてるんです。

御社では、サイトの内容に問題があった場合、どのようにフィードバックを受けるようにしているでしょうか。多くのサイトは、共通の問い合わせフォームやメールアドレスしか用意してないのではないでしょうか。

先日、グーグルのサイトで調べ物をしていて、画像のリンク切れがあったので報告しようとしたところ、そのスムーズさ、わかりやすさに驚きました。

こんな感じです。

リンク切れを発見したページをふと見ると、「フィードバックを送信」というリンクが、そのページのわかりやすい場所にありました。

「フィードバックを送信」をクリックしてみると、サービス自体へのフィードバックなのか、ドキュメントへのフィードバックなのかを選ぶ画面が出ました。

「ドキュメントのフィードバック」を選ぶと、一般的なフィードバックフォームが出ました。入力して「次へ」。

何か次のアクションを求められています。よく読んでみると……

実際の画面上で、どこに問題があったかを、クリックしたりドラッグしたりで指定できるようになっているのです。

「次へ」をクリックすると、場所を指定したのがスクリーンショットとして記録され、フォームに入力した情報に加えて、ブラウザの情報、ページのURL、ブラウザが読み込んでいたHTMLが自動的に記録されて、レポートが完成しました。

どうですか? すごいと思いませんか?

実際に試してみたい方は、Google Developersのページからどうぞ。

確かに、最近のアプリ系のフィードバックはこういった感じのものが多いですよね。それをうまくウェブにも適用している感じです。

これぐらいわかりやすいと、ユーザーも喜んでフィードバックに協力しようと思いますよね。グーグルさん、このシステム、一般向けにも提供してくれませんかね?

よろしければこちらもご覧ください
この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

トラフィック誘導
「トラフィック誘導(traffic sourcing、トラフィックソーシング)」 ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]