日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

食品宅配の 大地を守る会、ローソンが筆頭株主となり提携 店頭展開も開始

ネット通販「スマートキッチン」に商品の供給を始めたのを皮切りに、ローソン店舗への卸売りを進める。

ローソンは3月21日、食品宅配の大地を守る会(本社千葉県、藤田和芳社長)の株式の33.4%を取得し、資本・業務提携すると発表した。ローソンが筆頭株主になる。大地を守る会は3月21日から、ローソンとヤフーが手掛けるネット通販「スマートキッチン」に一部商品の供給を始めたのを皮切りに、ローソン店舗への卸売りを進める。14年3月期の農産品の売り上げを現在の1.5倍に引き上げる計画だ。

大地を守る会の株主は現在、社員持ち株会が筆頭で、第2位が藤田社長。4月に大地を守る会が実施する第三者割当増資を、ローソンが引き受ける。ローソンは取締役を派遣して事業に参加する。

提携の第1弾として、「スマートキッチン」に有機野菜の提供を始め、取扱商品を拡大していく。

大地を守る会はここ数年、食品宅配事業が伸び悩んでいた。「事業拡大に向けてビジネスパートナーを探していた」(事業戦略部)中でローソンが浮上。昨年12月から資本提携の協議を両社で進めていた。

大地を守る会は、全国に店舗を持つローソンと組むことで販路を拡大し、事業拡大を図る。店舗向けには生鮮品を扱う「ローソンストア100」から商品供給を始める。

ローソンは、らでぃっしゅぼーやとも資本提携しており、現在株式の10%を保有。ローソンは今後20%まで買い増すことを明らかにしている。らでぃっしゅぼーやは、すでにスマートキッチンへの卸売りを始めており、提携2社の商品をどのようにすみ分けるのかなど戦略が注目される。

・大地を守る会
http://www.daichi.or.jp/

・スマートキッチン
http://www.smartkitchen.co.jp/

・大地を守る会のプレスリリース
http://www.daichi.or.jp/info/press/2013/03/post-46.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

クロスリスティング
株式会社クロスリスティングが提供する検索連動型広告など検索エンジンマーケティング ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]