初代編集長ブログ―安田英久

Facebook偽アカウントの97%は女性だと名乗り、リアルユーザと比べて友達は6倍

バラクーダラボが公開した、「Facebookの偽プロファイルの特徴」
よろしければこちらもご覧ください
Web担のなかの人

今日は、ちょっとおもしろいインフォグラフィックを紹介します。バラクーダラボが公開した、「Facebookの偽プロファイルの特徴」です。

EメールとWebセキュリティアプライアンスを提供するバラクーダ・ネットワークスが発表した、バラクーダラボ調査によるデータ「Facebook: Fake Profiles vs. Real Users(偽プロファイル対リアルユーザ)」を紹介しましょう。

調査ではFacebookのアクティブアカウントの中からランダムで2,884件を抽出、分析しており、平均的なリアルユーザアカウントと、攻撃者やスパマーにより作成された偽アカウントの主な相違点を特定しています。

バラクーダラボでは、偽アカウントの特徴を以下のように示しています。

  • 偽アカウントは、リアルユーザーの40%に対して、ほとんど(97%)が女性だと名乗っている
  • 偽アカウントはリアルユーザーよりも6倍多く「友達」を持つ(726対130)
  • 偽アカウントはリアルユーザーよりも100倍以上写真タグを利用している(4枚の写真につき136のダグ対1つのタグ)
  • 偽アカウントの約60%はバイセクシャルだと名乗っており、リアルユーザーの10倍にあたる

日本でも、芸能人のマネージャを名乗るスパムメールがFacebook上であちこちに送信されるということが昨年の春に起きていました。

また、きれいな写真の女性のアカウントで友だち申請しまくっている情報商材系か攻撃者かと思われる行動も、昨年の秋頃には見られました。

見知らぬ女性アカウントから「Facebook以外の場所で連絡をとりたい」とメッセージが飛んでくるのはインターネットメールのスパムと同じなのですが、Facebookだと相手が本物の人間だと思ってしまいがちなのかもしれません。

バラクーダ・ネットワークスではこうしたFacebookやTwitter上での悪意ある行動を分析し、アカウントを守る「Barracuda Profile Protector」というツールを提供しており、そのマーケティングのためのインフォグラフィックなのですが、なかなかよくできていますね。

※インフォグラフィックのネタをプレスリリースで提供していただいたことのお礼としてリンクの紹介をしています。広告とかそういうのではありません。
この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

metaタグ
HTML文書のhead要素に配置されるタグで、ページを記述している言語や文字エン ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]