有名サイト、かってに解析!

もしも、「ニッポンレンタカー」を解析するなら(前半)[第48回]

週末ドライブのためにレンタカーを借りたい。検索して、1位に出てきた「ニッポンレンタカー」を訪問してみた。

ページ

誰もが知っている有名サイトをエキスパートレビューしながら、「もし、アクセス解析するなら」どのポイントに着目するかを第三者的な視点から解説。アクセス解析を用いてサイトの改善を行うための仮説構築力を身につけて、自社サイト、クライアントサイトをアクセス解析する際に役立ててほしい。

有名サイト、かってに解析!

毎週木曜9時は「かってに解析!」。だれもが知っている有名サイトをかってに取り上げ、「もしもアクセス解析をするならば、どこに目をつけるか?」という視点で、サイトの問題点やチェックポイントにあたりをつける方法を解説していく。今年もよろしくお願いします。

今回は「ニッポンレンタカー」を取り上げる。ニッポンレンタカーは、国内に車両数約33400台、営業拠点約912カ所を持つ、カーリース業界第3位の老舗。ちなみに、1位はトヨタレンタカー、2位はオリックスレンタカーである。以下、本稿において、カギかっこ付きで「ニッポンレンタカー」と書くときは、企業名ではなくサイト名を指す。他のサイト、企業も同様)。

筆者はカーリース業界の各企業やWebサイトが直面している課題や戦略・戦術を十分に理解しているわけではない。あくまでもどのような点に着目したらよいのかを重視して読んでいってほしい。

「ニッポンレンタカー」の閲覧シチュエーションを想定

今回のサイト利用シナリオは、所用で週末にレンタカーを使いたい人が、レンタカーを借りるというものだ。

誰が所用で週末にレンタカーを利用予定の人
何の目的でレンタカーを借りる
具体的にはオンラインでレンタカーの予約を行う

具体的には、ネットでレンタカー会社を検索し、価格などの情報を調べ、レンタカーの予約までを行う。

「ニッポンレンタカー」をエキスパートレビュー!

検索エンジンでは「レンタカー」で1位に表示される

まずは検索エンジンで、素直に「レンタカー」と検索してみる。「Google」でも「Yahoo! JAPAN」でも、「ニッポンレンタカー」が自然検索の第1位に表示される(図1図2の赤枠で囲んだ部分)。

図1:「Yahoo! JAPAN」で「レンタカー」と検索した結果画面
図2:「Google」で「レンタカー」と検索した結果画面

また、どちらの検索エンジンでも、見ていただくとお分かりのように、2012年1月初頭現在で、「トヨタレンタカー」や「日産レンタカー」といったメーカー系をはじめとしたレンタカー会社が数多く検索連動型広告の上位に表示されており(図1図2の青枠で囲んだ部分)、広告単価も高そうな激戦区と予想される。

もちろん、今回は自然検索の第1位に表示された「ニッポンレンタカー」を選択することにする。「Google」「Yahoo! JAPAN」どちらの検索エンジンの結果画面でも、リンク先は「ニッポンレンタカー」のトップページとなっている。

次のページへ

ページ

この記事が役に立ったらシェア!
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く
みんなが読んでるWeb担メルマガで、あなたも最新情報をチェック
  • SEOやデジタルマーケの最新情報をゲット
  • 事例やインタビューも見逃さない
  • 要チェックのセミナー情報も届く

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

今日の用語

VOC
「顧客の声(Voice of Customer)」の意味。 SNSなどのC ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

Web担のメルマガを購読しませんか?
Web担の記事がコンパクトに毎週届くメールマガジン「Web担ウィークリー」は、10万人が読んでいる人気メルマガ。忙しいあなたの情報収集力をアップさせる強い味方で、お得な情報もいち早く入手できます。

Web担に広告を掲載しませんか?
購読者数10万人のメールマガジン広告をはじめとする広告サービスで、御社の認知向上やセミナー集客を強力にお手伝いいたします。

サイトマップ
RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]