日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

アマゾン 埼玉に物流3拠点 国内11カ所体制に

新設するのは「アマゾン芳野台FC」「アマゾン狭山FC」「アマゾン川島FC」(いずれも仮称)の3施設。

アマゾンの物流事業を行うアマゾンジャパン・ロジスティクス(本社千葉市、瀧井聡社長)は8月1日、今年中に埼玉県内に新たに3つの物流センターを開設する。震災以降、米や水、ティッシュペーパーなどの日用品の流通量が増加。品ぞろえの拡充と在庫の確保を強化し、関東地域への配送のスピード化をさらに進めていく。

新設するのは「アマゾン芳野台FC(フルフィルメントセンター)」「アマゾン狭山FC」「アマゾン川島FC」(いずれも仮称)の3施設。埼玉県内にはすでに川越市に物流センターを構えており、県内のセンターは4カ所になる。このほかアマゾンでは、千葉に2カ所、大阪に2カ所のセンターがあり、今年中に愛知県常滑市や宮城県岩沼市にもセンターを開設する予定で、拠点が整えば全国で計11カ所の物流体制を構築することになる。

新センターの規模や開設時期はいずれも非公開。各センターの役割も明かしていないが、主に家電や日用品の対応強化にあてるとみられる。また、アマゾン内で販売する事業者向けに提供している物流サービス「フルフィルメントby Amazon」にも利用していく考えだ。

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
これは広告です
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

有料検索エンジン登録
検索エンジンに対して料金を支払って、検索結果ページに反映させること。 リスティ ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]