日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

フェイスブック利用がEC企業にも広がる ファン獲得狙いに留まらず決済も

フェイスブックを活用したECが活発化しそうだ。
よろしければこちらもご覧ください
フェイスブック上に解説された「サティスファクション・ギャランティード」のファンページ

世界最大のSNSサイト〈フェイスブック〉内で商品を販売するEC企業が増えている。〈フェイスブック〉内で22万人超のファンを抱えるファッションECのエスワンオー(本社東京)は1月14日、決済機能を付けてフェイスブック内で決済を完了するECを開始。化粧品通販・ECのアイム(本社香川県高松市)も近くフェイスブック内で商品を購入できる仕組みを構築する。フェイスブック内にファンページ(公開ウェブページ)を設けて商品を紹介し、自社サイトにフェイスブックユーザーを取り込もうとするEC企業が急増している。フェイスブックを活用したECが活発化しそうだ。

フェイスブックは5億人を超えるネットユーザーが利用し、日本国内のユーザーは現在180万人超といわれている。EC会社はまず、ファンを集める「ファンページ」を設置し、26人以上のファンを集めて独自ドメインを取得する。そこから自社の商品やECのファンを育成し、購入顧客に育成する活用法が主流となっている。

法人によるファンページで日本で最大級のファン数を抱えているといわれるエスワンオー。ファッションブランド「サティスファクション・ギャランティード」などを展開し、世界中にファンを抱えている。ファンページ内にショッピングコーナーを設け、日本語と英語で商品を説明。国内外で利用できる決済サービス「ペイパル」を導入し、ドル建で決済を行っている。ゴルフウェアを手始めにサービスを展開しているが、順次、パンツやアウターなどの商品も拡大していく。

アイムは1月末までに、システム開発の桜丘製作所(本社東京)などが販売しているシステム「Facebook内コマース支援パッケージ」を導入し、フェイスブック内で決済が行える仕組みを整える。英語版ページとも連動し、グローバル展開を進める方針だ。

通販・EC業界では近年、フェイスブック内にファンページを設ける動きが広がっている。

カタログ通販のカタログハウス(本社東京)や携帯電話用ストラップのネット通販会社StrapyaNext(ストラップヤネクスト、本社神奈川県小田原市)、ネットプライス(本社東京)は昨年12月にページを開設している。楽天(本社東京)やヤフー(本社東京)も、通販モール専用のファンページを運営している。

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
よろしければこちらもご覧ください
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

Web業界の転職情報

もっと見る
Sponsored by

人気記事トップ10(過去7日間)

今日の用語

SSI
サーバー側で処理を行ってHTMLに反映させる仕組み。サーバーがSSIに対応してい ...→用語集へ

連載/特集コーナーから探す

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]

data-sprite-position-y="250" data-image-original-width="200" data-image-original-height="125">株式会社ブレインパッド株式会社サイバーエージェント株式会社フレームワークスソフトウェア
[SPONSOR]
株式会社キノトロープ株式会社アイレップユーザーグラム富士通株式会社Sitecore株式会社ミツエーリンクス