日本ネット経済新聞ダイジェスト
日本ネット経済新聞ダイジェスト

伊藤忠商事 中国EC市場に卸で参入 アパレルや化粧品など

伊藤忠が取り扱うブランド衣料、雑貨、化粧品を提携先企業を通じて販売していく

伊藤忠商事(本社東京)は11月22日、中国のEC市場で商品卸を開始すると発表した。台湾、香港のEC企業に相次いで出資し、伊藤忠が取り扱うブランド衣料、雑貨、化粧品を提携先企業を通じて販売していく。

香港のフォーチュン・リンクに数千万円を出資し、株式の10%を取得。フォーチュン社は今年4月に事業を開始した新会社。中国で郵政事業を行うチャイナポストと提携して、中国全土に短期間で商品を発送している。

伊藤忠はアパレルなどを卸していく予定。第1弾として米バッグブランド「レスポートサック」を提供していく。5年後に販売ベースで300億円の売り上げをめざす。

台湾ではピーシー・ホーム・ストアーに対し数億円を出資、約10%の株式を取得した。ピーシー社は自ら家電などを販売するとともに、約8700社の出店者、約300万点の商品を取り扱うECモール運営事業者。ポータルサイトを運営するピーシー・ホーム・オンラインのEC事業として始まり、10年4月に独立している。

日本のアパレルや化粧品などを提供していく。あわせて、ECのノウハウを提供するとともに、ピーシー社のビジネスモデルをプラットフォームとして、アジア各国に広げていく計画も明らかにしている。

・台湾ネットショッピング大手 PCHOMESTORE社と戦略的資本提携(ニュースリリース)
http://www.itochu.co.jp/ja/news/2010/101122_02.html

・香港ネットショッピングFortune Link (Global)社との資本業務提携について(ニュースリリース)
http://www.itochu.co.jp/ja/news/2010/101122.html

※記事内容は紙面掲載時の情報です。
※画像、サイトURLなどをWeb担当者Forum編集部が追加している場合もあります。
※見出しはWeb担当者Forum編集部が編集している場合もあります。
※週刊『日流eコマース』は、2011年6月23日より『日本ネット経済新聞』へとリニューアルしました。

この記事が役に立ったらシェア!
メルマガの登録はこちら Web担当者に役立つ情報をサクッとゲット!

今日の用語

勝手広告
企業広告を消費者や第三者が勝手に作って公開する自主制作の広告。 ...→用語集へ

インフォメーション

RSSフィード


Web担を応援して支えてくださっている企業さま [各サービス/製品の紹介はこちらから]